ちかくにまなぶ

近くから学んだことを書き残すブログです。

タクシードライバーとテクノロジー

f:id:shigekikoma2:20170724180744j:plain

タクシーって便利ですよね。都内に住んでるとどこにいても大体帰れてしまうので終電の概念がなくなってしまいました。だめな大人ですね。

 

カーナビの地図上で川の上を走った事ある人

タクシーに乗る時必ず生じるコミュニケーションだと思うのですが、最近のカーナビって運転中触れないようにできてますよね。

だから僕みたいな乗客が住所を行き先を言っても、止まってからわざわざ東京都からカーナビに打ち込んでという作業が必要になります。

これ急いでる時結構ハラハラしますよね。タクシー乗るときって大体急いでるし。

しかもカーナビに強い知人に聞くと、カーナビに搭載されてる地図って3年遅れらしいです。

田舎行くとカーナビの地図上、川の中を車走ったりしてハラハラしません?

それならGoogleMapのほうが絶対アップデートはやいですよね。

 

これなんとかならんかなあとずっと思っていたのですが、この前乗ったタクシーのナビゲーションがiPhoneで、しかも運転手さんが音声認識で入力してたんですよ。

これなら止まらなくても操作できるし、地図も最新、なんなら東京都から入力しなくてもいい!

これ自分が思ってたこと一気に解消できていいじゃん!と思ったのですが、普段仲間内で出かけるときを考えると普通のことだと思い直しました。

今どきの若い子(自分を若い子って言いたい)って車乗って皆で出掛けるときレンタカーなりカーシェアリングで借りた車にiPhoneつけて目的地目指しますよね。

一般乗用車であれば普通だけどタクシーだと普通じゃないってところに、テクノロジーへのリテラシーの差が感じられるなあと思います。

 

ICTリテラシーと乗客の求めること

ICTという言葉があります。”Information Communication Technology”の略です。

要は通信技術を取り入れたコミュニケーションのことです。

今回のコミュニケーションでいうと[乗客]と[運転手]と[ナビゲーションシステム]間のやり取りをスムーズにすることが乗客である僕の満足度につながっています。

僕個人としては、音声認識を利用した運転手のほうが満足度が高く見えているというわけです。

一方運転手を評価するシステムに乏しいのも一考の余地があると思います。

いくら顧客の満足度を高めようと、その運転手に入る実入りは一銭も増えません。

現に僕もこの音声認識を利用したタクシー運転手さんの名前も顔もなんなら会社名ですらろくに覚えていません。

 

そのため、経営としても広告のような計算しやすい「乗車当たりの収益」を上げる施策を取って当然だと思います。

www.nihon-kotsu.co.jp

ただ、広告枠の利用にいくら最先端のテクノロジーを利用しようと、運転手のICTに対するリテラシーの差は運転手間で開く一方だと思います。

そうなると、このICT領域一つとっても、乗客の運転手による満足度の差が同料金でも大きく異なることになります。

自動運転になったら人を一枚挟まない分、均質化するのかなとも思いますが。

でもそのときって

 

僕のちかくからは以上になります。

人工知能は人間を超えるか (角川EPUB選書)
 

 

chikakuni.hatenablog.com